2005年12月26日

羽子板で負けて顔が真っ黒に

【はごいたでまけてかおがまっくろに】(お正月シチュエーション)

今ではめっきり見かけなくなった羽子板をやっている子供たち。しかし、羽子板をして負けたときは筆で顔に×を書くのがしきたりである。そうして、いつも最後には顔が×だらけで真っ黒になるのである。

『用例』
お正月
羽子板をやろうと出てきた親子。
ただし:「とーちゃんよえぇなぁ」
父:「なに、まだまだ・・・お前なんかに」
ただしが、羽をうつと父は、足がこんがらがり転んでしまった。
ただし:「また、とおちゃんの負け〜」
ただしは、父親の顔に墨で×を書く。
そして、父親の顔は墨で真っ黒になった。

(Posted by うり)
この記事へのコメント
遊びの名前って羽子板じゃなくて羽根突きでしょ
Posted by anonymous at 2006年11月29日
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。