2004年05月21日

犯人に告ぐ。無駄な抵抗はやめて、おとなしく出てきなさい。田舎のおかあさんも泣いているぞ。

【はんにんにつぐ。むだなていこうはやめて、おとなしくでてきなさい。いなかのおかあさんもないてるぞ。】(刑事ハンドマイク語)

立てこもり事件を起こして篭城中の犯人を説得する刑事が犯人に向かって使用するベタ語。
刑事の後ろに立つ田舎の母親が涙ながらにハンカチを握っているとベタ度が高まる。

『用例』

私がサークル活動後帰宅すると弟の智也の姿がない。
私「母さん、智也どこに行った?」
母「それがねぇ、智也が自転車買ってほしいって言ったんだけど、駄目だって言ったらね・・・」
母はせんべいをかじりながら押入れを指差した。
母「すねちゃって、あそこに篭城中・・・」
私「はぁー・・・またかよ」
私は押入れに向かって演劇サークルで鍛えた「ええ声」を使って叫んだ。

私「犯人に告ぐ。無駄な抵抗はやめて、おとなしく出てきなさい。田舎のおかあさんも泣いているぞ。

押入れの中から小さな声が聞こえる・・・。
智也「・・・兄ちゃんのバカ!!」


(source by ohajiki arrange & posted by mirada)

『解説』
今回のネタは、未だ解決が見られない宇都宮の立てこもり事件をニュースで見て「こうやって説得してんのかな・・・」と感じてしまい、投稿させていただきました。この事件の早期解決を祈っています。
by ohajiki 2004/05/19(Wed)投稿


posted by aconite | Comment(1) | TrackBack(0) | 家族編
この記事へのコメント
う〜ん。一度は聞いてみたいセリフですな。
言われるのはちょっとつらいかも。

Posted by iro at 2004年05月22日
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。