2005年03月08日

鬼や、あんた鬼や・・・

【おにや、あんたおにや・・・】もうかんにん語

一般では理解できない程の要求や発言をするものに対して、用いるベタ語。
会社などで、「仕事の鬼」などの積極的な意味合いよりも消極的な意味合いを持つ。
関西弁が良く似合うベタ語でもある。

『用例』

大阪府枚方市みさわ荘―
建物の前に一台の車が停車し、派手なシャツの男と白いスーツの男が降り、みさわ荘102号室へ向う。
派手なシャツの男が勢い良くドアを開け部屋を覗くと、中には女とその娘がぬいぐるみで遊んでいたところであった。
女は来訪者が誰かを知り、咄嗟に娘を抱き寄せた。
土足のまま白いスーツの男が上がり込み女を見下ろした
白スーツの男「田中はん、返済期限が過ぎているんや。今日は金目のもん、持っていくで」
田中「立浪さん、すみません。もう一日・・・いや一週間待ってください」
立浪「すまんが、もうまてへんのや・・・ヤス、運び出せ!」
立浪の指示でヤスが部屋の中からテレビなどを持ち出す・・・
部屋の隅で身をちじめる親子・・・
タバコを吸う立浪に、ヤスが声をかける
ヤス「兄貴、あれどないしましょう?」
ヤスの目線の先には、娘が抱くぬいぐるみがある
立浪「そうやな・・・10円か20円にはなるやろ。」
ヤスは了解をし、ぬいぐるみを奪い取ると、盗めはその反動で倒れてしまう
泣く娘・・・止まるヤス・・・
田中「それは死んだ夫が娘に・・・」
田中がそういいかけると、立浪がヤスに怒鳴った
立浪「ヤス!」
ヤスはびくっとし、ぬいぐるみを持って外にでる
田中はキッと立浪をにらみ、言う
田中「・・・鬼や・・・あんた鬼や!
立浪「鬼?・・・ふっ、それは最高のほめ言葉ですよ、田中はん!」
立浪の笑い声が、暗い部屋の中を埋めた・・・。


(posted by mirada)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。