2004年01月30日

濡れた服着てると、風邪ひくよ

【ぬれたふくきてると、かぜひくよ】(「少年少女の夏」語)

 幼馴染な少年少女が何度目かの夏、突然の夕立にあい偶然そこにある
 納屋に逃げこむ。そこで、たまたまそこにある薪で少年は火を起こし、
 服を脱いで乾かし始める。と、なぜかそこでもじもじしている少女に、
 声をかけるときの言葉。

『用例』

少年「ったくついてないよ。」
少女「………。」
少年「火にあたろうよ。濡れた服着てると、風邪ひくよ。」
  (少女の手をひっぱる)
少女「いや!」
少年「!?」
  (身を守るように体を隠す少女)
  (濡れた服が体にぴたりと貼りつき、女性的な、まあその、あの部分や
   あの部分が凹んだり凸したりしているのに少年は気づきはっとなる)

(Posted by iro)
posted by aconite | Comment(1) | TrackBack(0) | 恋愛編
この記事へのコメント
なんか書いててドキドキしてきました。
Posted by iro at 2004年01月30日
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26808
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。