2004年01月30日

この、泥棒猫!

【このどろぼうねこ】(修羅場語)

 恋人をまたは夫、いわゆるパートナーを寝取られた女性が、
 その恋人(夫)の浮気相手のマンション又は職場に
 ハイヒールの音高らかに「乗り込んで行き」、
 対面する間もなく胸倉をつかみ、噛みつくように言う言葉。

『用例』

   (ゆうこ、ネオンの門を出るなりいきなりつかまれる)
ゆうこ「ちょっと、な、なに?」
まゆみ「あんた、ゆうじと寝たわね!」
ゆうこ「いきなりなによ。離して!」
まゆみ「この泥棒猫!」
   (もつれるようにもみ合う二人)
ゆうこ「なによ!あんたがブサイクだから浮気するんだろ!」
まゆみ「この巨乳で誘ったんだろ!性悪女!」
ゆうこ「なによ!げじげじ眉毛!口臭えーんだよ!」
まゆみ「この○×△■*‘$(公開に不適切な言葉)………。」
ゆうこ「離せ!この!#’()%&$#(とても書けない言葉)………。」

(posted by iro)
posted by aconite | Comment(4) | TrackBack(2) | 恋愛編
この記事へのコメント
昔目の前で、全く同じシチュエーションを見ました。
人生で初めて、「殺されるかもしれない」と本気で思いました…。

匿名にて失礼。
Posted by 何があろうとも匿名 at 2004年01月30日
何があろうとも匿名さん。危ないところでしたね。むやみに近づくと共倒れになるかもしれません。遠巻きに眺めていましょう。
Posted by iro at 2004年01月30日
広島聖書バプテスト教会の宮本潤は、関西バプテスト神学校で、図々しくも、自分より一回りも年上の男を色目とリュートの甘い音色で誘惑し、また、この神学校の先生をしている男の姉さんにうまく取り入り、この男を恋い慕っている自分より20歳近くも年上のクリスチャン女性を騙し、その女性の心を著しく傷つけ、その男との結婚にこぎつけた、恐ろしい泥棒猫である。この女は、自分さえ幸せであれば、人が傷つくことは平気と考えている、自己中心的な女である。
Posted by マッコ at 2006年03月13日
Posted by at 2006年03月13日
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


迷わずパチンコと言われたら死んでしまう、そんな1日
Excerpt: 「パチンコと私、どっちが大事なのっ!?」 あぁ、やっちゃいました。 ジャンルが違うものを並べてムリヤリ比較しろだなんて。 まるで昼ドラに出てくる嫉妬深い女のようです。 それにしても自分..
Weblog: キモカワダーリンのすゝめ
Tracked: 2005-03-24 17:16

ゴミあさりで修羅場に!
Excerpt: 「この泥棒猫!」って 夫の不倫相手に妻が言うセリフですよね?    (参考 困ったときのベタ辞典) そもそも何で泥棒猫って言う...
Weblog: ネコマンガ  『肉球はお日さまのニオイ』
Tracked: 2009-02-06 17:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。