2005年04月15日

口動かす暇があったら手を動かせ

【くちをうごかすひまがあったらてをうごかせ】(エネルギー集中語)

何かに追われ全てのエネルギーを手に集中させなければならないときに用いられるベタ語。
あまりに集中しすぎてそのうち手だけが別の生き物のように高速に動くようになる気がするの
気のせいではないはずです。誰の体にも寄生獣が…

『用例』

明日にはお客さんに製品を受け渡さなければならないのに
次々とバグが見つかる。

徹夜4日目。

榊 :「また…見つかったよ…」
風見:「どうする?こんなんじゃ…」
榊 :「貧乏くじだよなぁ。あっちのプロジェクト入ってたらこんな目あわなかったのに」
風見:「でも、菊地さんが一番かわいそうだよなぁ。1週間前リーダー倒れていきなりリーダーだぞ。」

既に死相が顔に浮かび上がっている菊地は、顔も上げず答える。

菊地:「お前ら、口動かす暇あったら手を動かせ。何も考えるな。無心だ…無心…これが終わったらきっと楽になれる」

(Posted by うり)
posted by aconite | Comment(4) | TrackBack(0) | 職場編
この記事へのコメント
何時の間にか「言われる方」の立場から「言う方」の立場になってました。
Posted by アジアの微笑み at 2005年04月16日
私もその通りです…
イラッとするとつい口にしてしまうベタ語w
Posted by うり at 2005年04月16日
ここ何週間かのベタライターさんの生活がにじみ出るベタ語ですねw
Posted by ばな at 2005年04月22日
あぁ!たしかに!だからこのベタが思いついたのか。いや、もう心から湧き出てきたのか。自然な気持ちでかけました。
Posted by うり at 2005年04月22日
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2974762
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。