2005年05月11日

書籍化日記:『生みの苦しみ。あいつさえいなければ…』

ネタの偏りが目に見えてわかってきたため、
足りないネタを補強することになりました。
ノンジャンルでネタだしするのはつらいので、テーマを決めて
みんなでネタだしをしていきました。

恋愛、職場、学校、家族…
最初のうちはわりと簡単にネタが見つかったのですが、
長い打ち合わせをしているとだんだんと脱線気味になってきます。

ミーティング風景

ミーティングは大混乱テーブルの上はネタとお菓子だらけの状態です。

「消しゴムの角使うなよってのは?」「そりゃふかわりょうですよ」
「お前も鍵っ子なのってのは?」「それもふかわっぽい」
話せば話すほどふかわりょうにやられたネタが出てくる状態に…。

「ちくしょう。ふかわりょうさえいなければ…」

一言ネタ芸人ふかわりょうの偉大さをかみ締めつつも
ネタだしをなんとか終了させて各自担当性でネタを書くことに。
そして僕は本のレイアウトのアイディアを考え始める

素材がベタなのでどうしてもお笑い芸人がやってしまっている
物があります。今回のベタ辞典ではなるべくそういった
芸人が使う一言ネタは入らないように入らないよう作っています。

それにしても一言ネタって本当にベタですよねw


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。