2005年05月14日

書籍化日記:『ぜひ!寄藤文平さんに…』

だんだんと中身が決まってきたのですが
本の顔である装丁が決まってません。
「ダメ元でもいいのでどなたか希望の方いますか?」
と、大和書房のFさんがおっしゃったのをいいことに
僕はかねてからベタ辞典が何かになるときはこの人と
心に決めていた寄藤文平さんの名前を出しました。

寄藤文平さんはご存知の方も多いと思いますが、
大人たばこ養成講座(JTの広告)を手がけており
今大活躍されているイラストレーターです。

僕がベタ辞典を作るきっかけを与えた人といっても
過言ではなく、はじめてその広告を見たときの衝撃を
今でも憶えています。僕は完璧にやられたと思ったもを
みると創作意欲がわくタイプで、だったらもっと違った
面白いものを作ってやる!と思って行き着いた先が
このベタ辞典なのです。

まあ売れっ子の方ですし、無名のライターのベタ辞典なんて
ふざけたものを手がけていただけるわけがないんですが…

寄藤さんOKもらいました!」

大和書房のFさんからこの電話を貰った時は、
ハイテンションとはまさにこのことだろうという勢いで
仕事中にも関わらず小躍りしてしまいました。
やばい…中身も負けられない…きっちりやらないと…

そうなんです。ベタ辞典の装丁は寄藤文平さんなんです。
とても素敵な装丁です。僕らの意見を完璧に汲み取って
それのさらに上の装丁を提示してくれました。

きっと書店に並んだときは目に止まると思います。
寄藤さん素敵な装丁をありがとうございます。
この記事へのコメント
はじめまして。今夜放送の情熱大陸を見る前に
「寄藤文平」さんについて
色々とネットで検索していて辿り着きました。

「ベタ事典」の装丁の裏にはこんなできごとが
あったんですね^^

今度見かけたら手に取って中身も見てみます。
Posted by mai at 2005年10月30日
>maiさん
ああ。情熱大陸見逃したんですよ…
見たかった…

素敵な装丁なのでぜひぜに手にとって見てください
Posted by camel at 2005年11月01日
情熱大陸を見てからというもの、すっかり入れ込んでしまっている学生です。

残念ながらアマゾンでは装丁まで見えないようなので、ぜひ本屋に並んでいるのを見てみたいと思います。〔あいさつ語〕最近ベタな展開をあてるクイズ番組もあり、中身も笑わしてもらいます!
Posted by ジーコ at 2006年02月04日
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3630600

寄藤文平
Excerpt: イラストのおかげで本への興味がぐんっ!と引き上げられることがよくある。 「最近私って読書家?」とか思ったりするけど、基本的にイラストや写真が沢山織り交ぜられている本ばかり気になってしまうから、本当は..
Weblog: 具志堅
Tracked: 2006-02-05 18:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。