2005年12月12日

じゃ、広場に集合な

【じゃあひろばにしゅうごうな】少年時代語

小学生というものは広場に集まる習性があるのである。それは、暇をも
てあましたバリバリな人たちが、夜のコンビニにあるまるように、もし
くは、焼き芋〜に反応し、財布を片手に追いかけてしまう女性たちのよ
うに、それはもう、自分ではどうしようもできないものなのだ。そんな
人間の根源にかかわるようなベタ語でもある。

『用例』

雅夫:「すげえ花火あるんだよ。」
イロ:「でも、夜は家を出られないよ。」
健史:「大丈夫だよ。竜陣太鼓の練習、公民館でやるって言えば」

明美:「ちょっと男子たち、なにひそひそやってんの?」
雅夫:「ばーか。おめーらには関係ねえよ。」
明美:「こどもだけで花火やっちゃダメなんだよ。」
雅夫:「………。」
明美:「あたしたちを入れてくれた黙ってたげる。」

雅夫:「わかった。じゃあ、みんな8時半に広場に集合な


(posted by イロ室長
posted by aconite | Comment(1) | TrackBack(0) | 恋愛編
この記事へのコメント
最高だ
面白い

此処を作ったあなたは素晴らしい
頑張ってください

陰ながら、

応援しています
Posted by 月森 at 2007年03月08日
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。