2005年11月08日

眠らない街東京

【ねむらないまちとうきょう】警察24時語

生き馬の目をぬくような街。それが東京である。将門の霊に守られてる
街。それが東京でもある。財布はちゃんと紐をつけて、首からぶらさげ
ておいたほうが無難である。いつどんな人が、財布を狙ってくるかわか
らないからだ。しかし人の数だけ夢があるのも東京である。そう、それ
ままさに不夜城、東京とは眠らない街である。そんなベタ語。

『用例』

スーパーひたちで、ようやく上野についた「イロ青年」だった……

イロ:「ふぅ…やっとついたな。しかし、なんて人だ。今日は祭りか?
    もう8時なのに。すごい人だ。家に帰らないのかな。うちの商
    店街なんて、7時に全部のシャッターがしまるぞ……やはり、
    眠らない街、東京ってとこか……。」

(posted by イロ室長
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。