2005年10月24日

決闘は埠頭のチキンレースで 

【けっとうはふとうのちきんれえすで】ブレーキが切られてる!編

バリバリであるということは、そうゆうことなのである。誰かのケンカ
の話に熱くなったり、自分がどれだけ強いか、それだけが青春なのであ
る。そこにはクールになってしまった日本人の「魂」がこめられている
「根性」と言ってもいいかもしれない。とにかく決着は埠頭で。そんな
ベタシチュエーション。

『用例』

喫茶「エンジェル」にて………。

少年:「あんた、一体マサルの何なんだよ?」
イロ:「担任の教師だ。」
少年:「先コーなんて信用できるかよ。」

とうわけで売り言葉に買い言葉になってしまって………。

少年:「俺たちのことは俺たちルールで決める。チキンレースだ。」

(posted by イロ室長
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5541369
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。