2005年09月01日

教頭先生は憎まれ役 

【きょうとうせんせいはにくまれやく】学園編

つまりはそうゆうことである。虎視眈々と校長の地位を狙っている。ダ
ークスター、それが教頭先生のアイデンティティであるとも言える。そ
して、教頭先生は冷たくてクールなので、生徒のことなんか全然思って
いないのである。メディア的にはそうあってほしい。そんなベタシチュ
エーション。

『用例』

教頭:「とにかく偏差値をあげないと。それが最優先です!」
イロ:「しかし教頭。生徒も機械やモノじゃないんだから。」
教頭:「とにかくダメなもんは切り捨てます。」
イロ:「教頭!教師は人間を作ってるんですよ!」

(posted by イロ室長
posted by aconite | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5541467
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。