2005年11月04日

男子中学生は意味もなく祭りの終わりまでいる 

【だんしちゅうがくせいはいみもなくまつりの(略)】家帰れよ語

男子中学生は得てして夏祭りが好きである。全然関係のない隣り街の、
または隣りの町内の祭りにも出張してしまうものなのである。それは中
学生男子の脳が未発達ということも関係しているかもしれないが、それ
よりも、クラスの女の子を探しているのである。あわよくば一緒に花火
でもしたいのである。そんなベタシチュエーション。

『用例』

諏訪神社の夏祭りにて………

美樹:「あ、山本君たちだ!」
雄太:「お、吉澤じゃん。」

そんなこんなで、自転車に乗ったりしながらたむろしている中学生ども。

雄太:「うそ、あいつ後輩なの?」
美樹:「そうそうアタシの後輩だから。可愛がってあげてね。」

(posted by イロ室長
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。