2005年11月09日

実は俺、学校辞めるんだ 

【じつはおれがっこうやめるんだ】青春の旅立ち語

最近友達が変なのである。なんか微妙に態度がおかしい。何かかくして
いるな?とみんなは思うのだが、それがなかなかわからない。そして、
ある事件がきっかけで、それがわかるのである。すなわち「学校を辞め
る」ということを。青春の1ページ的ベタシチュエーション。

『用例』

雄太:「これ、ほしがってたろ?やるよ。もういらないから。」
イロ:「あぁ………もらっとくけど。」
雄太:「………。」
イロ:「雄太。何かお前、最近おかしいぞ。どうしたんだよ?」

雄太:「実は俺、学校辞めるんだ………実家の酒屋手伝うんだ。」

イロ:「お前………野球はどうするんだよ?」

(posted by イロ室長
posted by aconite | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。