2005年09月18日

「結婚式」一万人のひとこと大賞

アコナイト新企画、『公募にチャレンジ!』略して『コボちゃん!』第三回は【「結婚式」一万人のひとこと大賞】でござんす!


募集概要
・「結婚式」一万人のひとこと大賞
・募集内容---結婚式への思い、思い出、素晴らしさを題材にした言葉を募集。フレーズの最後は「そうそう、それが結婚式」で終わること。@総合部門Aエンゲージリング部門Bドレス・花嫁衣裳部門Cオトコ部門D花嫁の父部門
・主催---ゼクシィ編集部
・審査委員---松任谷由美 ほか
・賞---大賞1点=50万円 優秀賞3点=10万円 部門賞A〜D各1点=AダイヤモンドブレスレットB〜D5万円 入選20点=1万円
・締め切り---8月15日
・発表---9月中旬〜下旬、入賞者に通知

参加アコナイトメンバー camel・イロ室長(イロ)・うり・mirada

ジジジジジ・・・ジ・・・ジィ〜・・・

『もっちー』の件で流れた不調和音を止めたのは、突然アコナイト事務所に入り込んできたセミであった。虫の嫌いなうりは外へ逃げ出し、オトコ(自称)三羽烏の格闘の末、セミを捕まえることに成功した。

ジィ〜・・・

「これ食おうか?」
と、イロ室長がセミの羽をむしり、熱したフライパンに生きたままのセミを放り込んだ。

ジッジッ・・・ジュィ・・・

あっけにとられた二羽烏の前にこんがり焼けたセミ一つ・・・
イロ「あれ?知らなかった?セミって食えるんだよ。探偵ナイトスクープでもやってたし」
camel・mirada「・・・」
うりが恐る恐る外から帰ってきた
うり「セミ捕まった・・・?あ!何これ!?私がいない間に!」
イロ「いいよ食べて」
食べ始めるうり、嬉しそうなイロ室長
camel・mirada「うげーー」
イロ「どう?お味は?」
うり「うん、おいしい!何これ?えび?」
イロ「フフンッ」

・・・そんなこんなで不調和音も何処行く風なわけで・・・
mirada「・・・えー今回の『コボちゃん!』は、掻い摘んで言えば結婚式の言葉」
camel「『そうそう、それが結婚式。』で終わればいいんだね?」
mirada「うん。じゃ、はじめようか!」

アコナイト宴会部長のうりが手拍子をしながら音頭をとり始めた
うり「はい!はい!はい!はい!今日のお題は「結婚式」!!」

一同、手拍子を始める
うり『一日だけのシンデレラ』!(巻き舌で)」
一同「『そうそう、それが結婚式。』!!」
camel「『明日は私が起こしてあげる』(可愛く)」
一同「『そうそう、それが結婚式。』!!」
mirada「『泣かないとはいったものの・・・』!(しみじみ)」
一同「『そうそう、それが結婚式。』!!」
イロ「『女房に尻にひかれて、小遣い5000円・・・』」
一同「そうそう・・・」
シーンとなるアコナイト事務所

mirada「イロさん、何かあったんですか?」
イロ「・・・いや、別に・・・」

うり「はい!気を取り直して!」
うり「『今日の私はお姫様』!(可愛く)」
一同「『そうそう、それが結婚式。』!!」
camel「『夢はお嫁さんになることでした』(しみじみ)」
一同「『そうそう、それが結婚式。』!!」
mirada「『涙の数だけ感謝の気持ち』(感極まる)」
一同「『そうそう、それが結婚式。』!!」
イロ「『う・・・うわあーーーー!!!』」
頭を抱え震えているイロ室長・・・

そうなのである。イロ室長は既婚者なのである。

camel「イロさん・・・」
イロ「あーあー・・・もう・・・もう・・・」
camel「セミでも捕りに行きましょう」
イロ「・・・うん」
camelと共にアコナイト事務所を出るイロ室長

うり「う〜ん。まったくもぉ〜」
mirada「じゃ、とりあえず、今回は・・・」

kekkonn.jpg
『泣かないとはいったものの・・・』D
『夢はお嫁さんになることでした』@
『涙の数だけ感謝の気持ち』@
『今日の私はお姫様』B

mirada「・・・でいいかな?」
うり「うん」
mirada「じゃ、決定!」

うり「ねぇ、さっきのえびみたいなの、もうないの?」
mirada「うん?もうすぐ、たらふく食べられるよ」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。