2005年10月08日

《青春のバイブル》傷だらけのヒーローになってみよう


チームワークが乱れがちなとき、仲間をひとつにまとめたいとき。あな
たならどうするだろうか?『青春』という言葉のもとに、みなの心をひ
とつにまとめたいとき、血染めのツールは書かせないアイテムである。


図1.ヒーローになるために
hi-ro-2.jpg



§なぜ、傷だらけのヒーローになれるのか?

血をみると人は興奮するのである。もし、社内ボーリング大会で、血を
流しながらボールを投げ続けたのならば、きっと部下も、上司も、憧れ
の受付嬢も「あの人はこの大会に、社員生命をかけている」と思い、あ
なたを見る目が変わるだろう。

§用意するもの

血  友達や仲間  ライバルチーム  双子の弟  包帯
甲子園につれってとせがむ幼馴染  ヤクザな新監督      
流れる汗  適度に汚れたユニホーム  マキロン 保険証のコピー



      ■■■ 要点チェック ■■■

一、「ドクターストップ」はヒーローになれ!という意味である!
一、血→興奮→鼻血→病院→ナース→興奮→鼻血の連鎖の法則がある!
一、逆境は、発想の転換や、強引な思いこみで克服することができる!

(posted by イロ室長)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。