2005年11月07日

フォークダンスは好きな子の前で音楽が終了する

【ふぉーくだんすはすきなこのまえでおんがくがしゅうりょうする】(それが定め語)

好きな子の手が触れる。それだけで、手に汗握ってしまうお年頃の少年たち。フォークダンスは、公然とそんな柔らかい女の子の手を触ることが出来るチャンスである。今か今かと好きな子の人数を目で数えるが、あと一人というところで音楽は終わってしまうというベタシチュエーション。

『用例』
体育祭も終わりに近づいた。
夕焼けが校庭を染める頃、フォークダンスが始まった。

隆男:(あと3人・・・)
音楽が終わりに近づくのがわかる。
隆男:(美紀ちゃんまであと1人・・・)
目の前に美紀の手が・・・・

すると、音楽が止み…美紀は、走っていった。

(Posted by うり)

posted by aconite | Comment(0) | TrackBack(1) | 恋愛編
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


中高年のフォークダンス
Excerpt: フォークダンスに熱中する中高年が増えているらしい。若い頃の甘い思い出がよみがえるのかどうかはわからないが、健康維持や、手をつないで一緒に踊るという一体感が魅力であるらしい。社交ダンスという選択肢もある..
Weblog: Gotz Blog
Tracked: 2005-11-23 00:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。